妊娠力アップ

妊活にはホルモンが重要なワケ

女性ホルモンの仕組みと不妊症の関係

妊娠を願う女性にとって、女性ホルモンがバランスよく分泌されていることは、重要なポイントになります。それは、女性ホルモンが正しく分泌されないと、不妊症の原因になるからです。ここでは、女性ホルモンと不妊症の関係をまとめてみました。女性ホルモンの分泌を助ける生活習慣もご紹介していますので、参考にしてくださいね。

 

妊娠と女性ホルモンの関係

生理や妊娠には、卵巣から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)と呼ばれる、女性ホルモンが深く関わっています。2つの女性ホルモンには、それぞれ違う役割があり、どちらもバランスよく分泌されていることが、妊娠の条件になります。

 

妊娠の準備をする「卵胞ホルモン」とは

卵胞ホルモンとは、生理の終わりから排卵日にかけて分泌量を増やす女性ホルモンです。卵胞ホルモンの役割は、卵子を包む卵胞の成長を助けて成熟させることや、精子が移動しやすくなるように粘液を分泌して、排卵と受精をサポートします。さらに、受精が起こると子宮内膜を厚くして、受精卵が着床しやすくするなど、妊娠しやすい状態に体を準備する役割があります。

 

妊娠を維持する「黄体ホルモン」

黄体ホルモンとは、卵子が成熟するまで入っていた卵胞が変化してできたホルモンです。黄体ホルモンの役割は、排卵日の前から分泌量を増やして、子宮内膜を厚くするとともに、周辺の血流量を増やすことで栄養と水分を子宮に集め、着床後の胎児が育ちやすく妊娠が維持できる環境を守ります。さらに、黄体ホルモンは妊娠が成立すると、乳腺を発達させる作用もあり、胎盤ができるまで分泌を続けながら、妊娠の維持と同時に出産の準備も行います。

 

女性ホルモンの分泌が悪くなると・・・

妊娠が成立するためには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンがバランスよく分泌されていることが条件になります。しかし、なんらかの原因で女性ホルモンが正しく分泌されなくなると、不妊症になる可能性がでてきます。

 

不妊症を招く黄体機能不全とは

女性ホルモンの影響で不妊症になる病気に、黄体機能不全があります。黄体機能不全とは、黄体ホルモンの元になる排卵後の卵胞が、黄体に変化する過程で機能が不完全になり、黄体ホルモンの分泌量が少なくなることや、分泌する期間が短縮されてしまう状態です。そのため、受精卵が着床しにくくなったり、妊娠をしても維持ができず流産したりすることで不妊症になります。

黄体機能不全の原因は、血行不良で卵巣に必要な血液が不足することや、自律神経のバランスが乱れることで、女性ホルモンの分泌量をコントロールする、脳の視床下部からの指令が伝わりにくくなっていることが考えられます。しかし、明確な原因は明らかになっていない部分もあります。

 

女性ホルモンの分泌を助ける生活習慣3つ

女性ホルモンの分泌は、体質、生活習慣、病気などの影響で乱れることがあります。次は、女性ホルモンの分泌を助けるおすすめの生活習慣をご紹介します。

 

対策法1. 食生活を見直す

黄体ホルモンの分泌を助けるためには、ビタミンEの摂取がおすすめです。ビタミンEは不妊治療にも使用される栄養素で、視床下部が出したホルモン分泌の指令を最初に受けとる脳下垂体に作用して、生殖機能を持続させる効果が期待できます。ビタミンEが含まれる、ナッツ類、カボチャ、アボカド、ほうれん草、小松菜などは積極的に摂りたい食品です。

 

対策法2. 睡眠不足を改善する

女性ホルモンは、視床下部によって分泌量が調整されています。しかし、睡眠不足が続くと視床下部が機能低下をするため、女性ホルモンが正しく分泌されなくなります。ホルモンバランスを整えるためには、しっかり睡眠をとることが重要です。

 

対策法3. 運動やお風呂で血行改善

体の冷えや血行不良は、子宮や卵巣の機能を低下させて、不妊症を招く原因になります。日ごろから、ウォーキングやストレッチなどの運動習慣をもつことや、お風呂ではお湯に浸かって全身を温めることが、女性ホルモンの分泌に良い影響をあたえます。夜は、入浴後や寝る前に軽いストレッチを行ってから布団に入ると、血行促進と同時にリラックス効果も得られて安眠に効果的です。

 

おわりに

今回は、不妊症の原因にもなる女性ホルモンの仕組みについてご紹介してきました。ホルモンバランスの乱れは体質、生活習慣、病気などで引き起こされると考えられます。

ホルモンバランスの状態は、毎日の基礎体温を記録することで知ることはできますが、普段から生理の周期が短かったり、反対に周期が長かったりする場合は、ホルモンの分泌が行えず、排卵ができていない可能性もあります。生活習慣に注意しながらも、不安が残るときは、専門医に相談することをおすすめします。

不妊症を改善する3分でできるセルフケア

不妊症でお悩みの方は、
自力でタイミングでがんばっている方、
治療院での不妊治療を受けている方、
病院で人工授精、体外受精などを受け
られている方、さまざまいらっしゃる
と思います。

この中のどの段階の方でも、特に大事に
してもらいたいことがあります。

それは、セルフケアを行い体を整える
ことです。ちまたには、さまざまな
不妊症のセルフケアがあります。

雑誌の特集やテレビの健康番組、
YouTubeの動画などです。

そんな中でも、不妊治療にとっておきの
セルフケアがあります。この体操は、
3万人以上の臨床経験と100人以上の
一流治療家を育成してきた、

ゴッドハンドと言われる女性治療家
片平悦子先生が考案されました。
その不妊症にとっておきのセルフケアは
こちらです。

ステップ1,つま先押し出し(仙骨の動き出し脳脊髄液の循環が良くなります。)

①イスに座り、腸骨の前側の出っ張りに手を軽く置きます。
左右のつま先をゆっくり交互に床に押します。このとき、つま先を押したかかとが1cmほど上がります。
③②を5往復行います。

ステップ2,アゴ出し(頭と首の間の緊張を解放することにより脳脊髄液を流れやすくします)

①腸骨に手を置いたまま、アゴをゆっくりと上に上げていきます。
②45~50度、アゴを上げて天井が見えたらストップ。
③アゴを元の位置にゆっくりと戻します。(1回のみ)

ステップ3,つま先押し出しとアゴ出しを3往復します。

ステップ4,ワイパー(仙骨を動かし脳脊髄液の生産を促します。)

①腸骨に手を置いた姿勢からスタートします。
②かかとをつけたままつま先をほんの少し浮かし、両足同時に左右に3cmほどワイパーのように動かします。
③②を5往復行います。

ステップ5,ステップ1のつま先押し出しを5往復し、脳脊髄液の循環をよくして終了です。

※引用元 3分間「内臓ストレッチ」で疲れないカラダをつくる
片平悦子先生著

このもぞもぞ体操は、不妊症の根本を
改善することができます。骨盤、背骨の
歪みを整え、血流、リンパなどの体液
循環が促進します。

このもぞもぞ体操を毎日2回おこなって
ください。朝と夜がおすすめです。
なれれば3分ほどで終わります。

がんばって3ヶ月は続けてくださいね。
妊娠しやすい体に近づきます。

不妊治療で施術の次に重要な物とは?

朝霞のちいさな鍼灸整体院では、男性、女性スタッフが
不妊治療専門で担当しています。
5年~7年、不妊症だった方も、たった
3ヶ月で妊娠にいたるケースもありました。

その中には、
病院での不妊治療をずっと受けてきて、
諦めていた中での妊娠でした。

ご夫婦ともにすごく喜ばれていましたし、
すごく驚いていたのが印象的でした。

 

なぜ、このように妊娠できるのか。

それは、不妊症で最も多くの原因を
占める、体質改善をするからです。

そのために、【整体】を
用います。骨格調整をすることによって、
ゆがみにより、血流が悪くなり、機能が
低下した内臓の回復を促します。

内蔵の歪みを調整することによって、
気の流れを整え、東洋医学の観点から
弱った内臓を活性化させます。

 

 

不妊治療のために施術以外で重要なこと。

それは、【食】です。
不妊治療には、施術を抜けば、
これが一番重要な因子です。

いたるところで『医食同源』と
言われるように、食によって体を治す
ことも可能なのです。

その中で、特に重要視している食品
あります。それが、【塩】です。

日本食に限らず、中華、洋食さまざまな
ものに使われます。それだけ摂取する
機会の多い【塩】は重要です。

一般に出回っている塩は、
『天然』とか『にがり』とか書いて
あっても、加工されているものなので、
体を冷やす働きをしてしまうのです。

知らず知らずに毎日毎食摂っていたら、
体の内側はどんどん冷えてしまいます。

それとは逆に、正真正銘の『天然塩』は
体の内側を温めてくれます。加工されて
いない、極めて珍しい塩です。

これは、不妊治療にとっては欠かせない
食材です。朝霞周辺の治療院やお店でも
扱っているのは見たことがありません。

当院で、塩をお使いになられている
ほとんどの方が、元の塩には戻せなく
なるくらい、味や体感に差があります。

そんな希少で、不妊治療には絶対に
欠かせない『塩』を、欲しい方は、
当院までご連絡ください。

1袋750g 1,080円にて販売しています。
当院での体質改善による不妊治療に
ご興味のある方もご連絡くださいませ。

妊活するなら、まずこの栄養素

妊活といえば、サプリメント!と
思われる方も多いのではないでしょうか。
ただ、サプリメントと言ってもたくさん
の種類があり、どれを飲んだらいいのか
迷ってしまいますよね。

インターネット上では不妊で悩む女性を
対象としたサプリメントが多く販売され
ていますが、「これ、飲んで大丈夫!?」
と思えるような商品も時々見かけます。

サプリメントを選ぶ基準は、
「長く飲んでも副作用がない」
「無理なく長く続けられる」事です。

今回は「ビタミン」について、
お伝えしたいと思います。

 

 

「ビタミン」の働きとは

ビタミンは人間の体の中では
作る事ができない成分です。
体の中で作る事ができないため、
食品から摂取する必要があります。

ビタミンは免疫力を高める、細胞の生成
や保護、疲労回復、血流促進など様々な
効果があり、人の体を健やかに保つため
に必要な成分なのです。

ビタミンは色々な種類があり、どれを
摂取したらよいのか迷いますよね。

一番大切なのは、それぞれをバランス
よく摂取する事です。一つのものだけを
多量に摂取する事は別の副作用がでる
可能性があるのでやめましょう。

数あるビタミンの中で、副作用の心配が
なく、不妊治療中の方に特におすすめ
したいのは、ビタミンCとビタミンEです。

 

 

ビタミンCとEが不妊にもたらす効果

ビタミンCとEには、末梢の循環を良くし、
血流を改善させる効果があります。
血流が改善する事で、卵巣機能を高め、
子宮内膜を厚く育てる効果が期待でき
ます。不妊治療施設では、ホルモン補充
周期の胚移植の際に、ビタミンCやEを
摂るよう指導している病院もあります。

また、ビタミンにはホルモンや自律神経
のバランスを整える効果もあります。
不妊治療中はストレスが起因し、
自律神経の乱れが起こりやすくなって
います。頭痛やめまい、不眠などを
訴える女性が増えるのは、自律神経や
ホルモンバランスの乱れによるものです。

このような症状を緩和させるためにも
ビタミンは効果的と言えます。

ビタミンC、Eは抗酸化作用が
高い成分です。抗酸化作用の高いものを
摂取する事は、卵子の老化を予防し、
アンチエイジングに繋がります。

そして何より、どちらも副作用がない
という事が安心して長く摂取できる
ポイントでもあります。

 

 

ビタミンC、Eを摂取する方法

ビタミンCイチゴなどのフルーツや
モロヘイヤなどの野菜に多く含まれます。
しかし、ビタミンCは水に溶けてすぐに
体外へ排出されてしまいます。
なので、一日に何回かに分けて
摂取すると良いでしょう。

ビタミンEアボカドやアーモンドなど
のナッツ類に多く含まれています。
ビタミンEは油に良く溶けます。
ですので、食事と一緒に摂取すると
良いでしょう。

また、ドラッグストアでもサプリメント
として手軽に購入できますので、
普段の生活に取り入れてみても良い
のではないでしょうか。

簡単!食事でできる妊活

近年、女性のライフスタイルの変化から、
冷え性の女性が増えてきています。
不妊治療に冷えは大敵です!

どのような食事が体を温め、体を冷やす
のでしょうか。食事で温活を取り入れ、
体の芯から温めるようにしましょう。

 

 

冷えが不妊につながる理由

妊娠したければ、体を冷やさない!
とよく言われますが、なぜ冷えは
良くないのでしょうか。

体が冷える事によって、全身の血流が
悪くなります。人は寒さを感じると熱を
逃さないように末梢の血管を収縮させ
血流を滞らせるようにします。

その事が血流を悪くし、妊娠を目指す
女性にとって良くない結果に繋がります。
卵巣は良い卵を育てるために、多くの
血液が流れている臓器です。

血流が悪くなることで、新鮮な血液が
送られる量が減り、卵の質や排卵に影響
を与える可能性があります。
また、子宮もとても血流が豊富です。
血流が豊富だと子宮内膜がしっかりと
育ち、着床環境を整える事ができます。

子宮内膜が血流不足により育っていない
と、流産や着床障害の原因になります。
体を温める事は卵巣にも子宮にも良い
効果を与えてくれるのです。

 

体が温まる食べ方とは

口の中、食道や胃に冷たい食べ物や
飲み物が通過することで、
体の芯から冷えが生じます。

温かい食べ物、飲み物を摂取することで
体を内側から温めることができます。
そして3食しっかりと食べましょう。
エネルギー不足は冷えの原因になります。
 
また、体が温まる食べ物を積極的に
摂取するのもおすすめです。

 

体を温める食べ物とは?

冬が旬の食べ物は体を温めると言われています。

冬野菜の代表と言える大根や白菜、
ゴボウやかぶ などは体を温める効果が
あると言われています。

逆にトマトやキュウリ、レタスなど夏が
旬の野菜は、熱を取り、体を冷やす効果
があります。

体を温める食べ物を使って、お鍋や
スープなど温かい調理方法で摂取すると
より効果的でしょう。

 

香辛料を活用しましょう。

ショウガやネギなどの香辛料や薬味は、
血行を良くし、発汗を促す作用があり
ます。また食欲減退時は、食欲を増進
させる作用もあります。普段の食事に
プラスし、その効果を有効的に活用
しましょう。

 

色の濃い食べ物は体を温めると言われています。

黒や赤、橙、黄色など色の濃い食べ物は
体を温めると言われています。
黒豆、ひじき、にんんじん、かぼちゃ
など…体を温める食材すべてを覚える
事は大変です。

食品を選ぶときは、より色の濃いもの
を選んでみると良いでしょう。

 

 

これらの体を温める食品を普段の食生活
に取り入れながら、バランスよく摂取
することが大切です。外からも、体の中
からも温める事で、より妊娠しやすい
体づくりをしてみましょう。

妊娠力を高める卵子のアンチエイジングとは

美容や健康寿命を延ばす目的で
アンチエイジングがよく取り上げられて
います。アンチエイジングと妊活は
一見何の関係も無いように思われがち
ですが、アンチエイジングこそ卵の
救世主と言えます。

妊娠する事とアンチエイジングは
どのように関係しているのでしょうか。

 

卵子の老化でこんな影響が!

老化は人の生理的現象です。これは
どのような手段を使っても、止める事は
できません。老化により皮膚にシミや
しわができるのと同じように、卵子も
老化により劣化していきます。

卵子が劣化し、質が悪くなると
どのような事が起こるのでしょうか。

普通の女性が
「赤ちゃんになれる質の良い卵」
排卵できる確率は、10個中1~2個
程度と言われています。

それ以外の卵はせっかく排卵しても、
未熟な卵であったり、受精をしても
途中で染色体異常をきたし分割が
止まってしまう、着床しても途中で成長
が止まって流産してしまう卵なのです。

このように卵の質が悪いと、染色体異常
や分割停止によって赤ちゃんになれる
確率が減ってしまいます。

高齢での妊娠で流産する確率が高い
のは、この卵の質が原因なのです。

妊娠に近づく第一歩は、染色体異常など
をきたす卵が作られる原因となる
老化を食い止めることです。

しかし、前述したように老化を止める事
はできません。そのため、なるべく老化
を緩やかにする事、体内環境をより
若々しい状態で老化を早く進行させない
状態に保つことが重要なのです。

 

 

アンチエイジングに大事な2つのポイント

アンチエイジングにつながる食生活とは
どのようなものでしょうか。老化を促進
させるのは、「糖化」と「酸化」です。

糖化

糖は血管や細胞をボロボロにし、
体を壊していきます。糖の過剰摂取は
体内の老化を進めてしまうのです。

また、糖は卵子にとって大敵です。
糖尿病の器質がある方の卵は、大変質が
悪く、受精障害や分割停止を引き起こす
ことが分かっています。糖質を控える事
はアンチエイジングに繋がり、卵の質も
向上させることができます。

酸化

酸は鉄をもボロボロに錆びさせてしまう
ほど、体の組織を壊していきます。体内
の酸化作用が強くなると、卵や精子の質
が低下します。また、子宮内環境も悪化
させると言われています。

そのため、抗酸化作用の高いものを摂取
することが大切です。抗酸化作用の高い
ものとしてビタミンCやビタミンEが
挙げられます。

ビタミンCはイチゴやグレープフルーツ
などのフルーツなどに、
ビタミンEはナッツ類やアボカドなどに
多く含まれています。

食事で十分摂取できない場合は
サプリメントなどで補充しましょう。

 

妊活とは妊娠が全てのゴールではなく、
妊娠して出産し、子供の成長を見守る事
が親としての務めです。親として、
いつまでも若々しく健康に生活するため
にも、アンチエイジングは大切です。

毎日の積み重ねが大切ですので、無理
なく続けられる事から始めてみましょう。