妊娠しても不妊治療は続けて大丈夫?

Pocket

朝霞のちいさな鍼灸整体院では、
不妊治療に特に力を入れています。
朝霞だけでなく、和光、志木、新座、
川越、ふじみ野、板橋など埼玉県内
全域から来院されています。

その中で、めでたく妊娠される方も
多くいらっしゃいます。たまにこんな
質問をいただきます。

『妊娠したかもしれないけど、不妊治療
は続けても大丈夫ですか?』

結論から言えば、不妊治療は続けて
受けて欲しいと思っています。
それには理由があります。

その理由とは、
不妊症で妊娠しずらかったということは、
それを維持していくのも難しい
ということです。

せっかく妊娠できても、出産まで
辿りつけなければとても残念です。

少しでもそうならないように、不妊治療
を受けることが必要です。妊娠後は、
治療内容も変わり、妊娠を維持しやすく
するためのものになります。

 

流産の一番多い時期とは?

どんなに健康に妊娠しても、流産は
一定数起こるものです。全妊娠の5~10%
は、流産になってしまいます。

その流産のうちの90%以上が、
妊娠12週までに起こるのです。

これは、整体などの不妊治療を
受けたからといって防ぎきれるものでは
ありません。

ですが、その中でも数%は、
体調を整えれば防ぐことのできる
流産なのです。

朝霞のちいさな鍼灸整体院では、
妊娠するまでだけでなく、出産まで
見据えて不妊治療を行っています。

不妊症施術のご予約はこちら

不妊治療をご希望の方はこちらのご予約フォーム、もしくはお電話からご予約くださいませ。

ホームページ特典 期間限定

通常初回8,800円が
3,980円

TEL:048-423-9052
電話受付 9:00~20:00
定休:水曜のみ

 

ご予約フォーム(24時間受付)

SNSでもご購読できます。